本サイトを利用される際はJavaScriptが有効になるよう設定してお使いください.

古文書講座 〜越後文書宝翰集を読み解く〜 (前編・後編)

いきいき県民カレッジ
短期講座

分類:新潟地域学
主催者:県立歴史博物館
講師:前嶋 敏
開催期間:2018年1月20日〜2018年1月27日(毎週:土曜日)
開催日:1月20日(土)、27日(土)
開催時間:13:30〜15:00

新潟県立歴史博物館の所蔵する古文書群「越後文書宝翰集」は、中世の新潟県を知るうえでの最重要資料のひとつです。この文書群は全部で44巻722通あり、大きく18群に分類されますが、今年はそのうち胎内市を拠点に活動した三浦和田氏に関する古文書を解読しながら、当時の越後について考えます。

会場

県立歴史博物館 (研修室)
長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
TEL:0258-47-6135
市町村:長岡市

JR信越線・JR上越新幹線長岡駅下車、大手口バス乗り場より県立博物館行き35分。関越自動車道長岡ICより車で約5分。
駐車場有(188台収容可能)

参加要綱

定員 35人
電話、ハガキ、ファックス、メールで申込み。希望講座名、お名前、住所、電話番号の4項目を明記してください。
一般
費用:無料

お問い合わせ・申込

県立歴史博物館 経営企画課
TEL:0258-47-6135  FAX:0258-47-6136

関連情報掲載ページ